41Side Rouge

独白場

ウォーターフロント

 前々から「3月いっぱいで二次創作小説を書くのを一旦休む」と決めていたので、この度、二次創作文を書くのを一旦休むことにしました。理由は簡単で、就職するからです。するだけなら良いんですが、就職先が資格を沢山取らされる(=勉強を沢山しないといけない)ようなところだからです。このままホモ小説を書き続けていたら、ただでさえ要領が悪いのに、仕事で絶対必要な資格たちを落としまくる予感がするので、休むことにしました。アホだから両立というものが出来ないのです。。。

 私は今までまともに二次創作小説を書いたことが無かった*1ので、ド!での二次創作活動は凄く楽しかったです。

 去年の秋頃、私は絶賛卒論執筆死亡中で(?)、その息抜きで書き始めたのがド!の二次創作文でした。なので、卒論が完成したらやめようと思っていたのに、今日までだらだらと引きずってしまいました。日中は卒論を書くためにwordを開き、夜はホモ文を書くためにwordを開き、卒論が終わった後は暇さえあればword開く生活、楽しかったです。

 そんな感じで、二次創作活動に慣れていなければ、反応をいただくことにも慣れていなかったので、感想等の温かいお言葉がとても嬉しかったです。本当にありがとうございました*2。秋頃かセカンドシーズンが始まる頃にはまた書くのを再開出来たら良いなと思っています。思ってるだけなので実行するかは分かりませんが……。あと、べったーとかで普通に今以上に雑な超短編とか投げてそう。。。

 一旦休止するにあたって、調子に乗る・メンタルが弱いから()という理由で今まで設けていなかった、意見箱的なものを設けてみました。感想、文句など何でも良いので、利用していただけると嬉しいです。

 

 あ、ド!を追いかけることやホモ妄想は勿論やめません!!!! UK最高!!!!! 従って、このブログは引き続き細々と更新していく予定ですので、今後もどうぞよろしくお願いします。

 

*1:書いても年1,2回ペース。あと、ここ2年は強すぎる作品()に出会って全く書けなくなっていた。けど色々あって再び書けるようになった

*2:ここで言ってもなんですが……。

エルピス

 kmrbやらdknやら見てたらこんな時間になりました。昨日と違って明日は用がないので思う存分続きを書こうと思います。読み返してみたらなんというか、普段の自分が如何に日本語喋れてないかが明らかになってしまいなんとも言えない気持ちになりました。読点すっくねえ。でも推敲する気はないです。

 

※以下意味不明文 思いつき垂れ流し

 もうちょっとユレルの話してからあなたの瞳~の話しようと思います。そろそろ著作権的に怒られてしまいそう。

 「震えてる 君はずるいね 抱きしめたくなる」のとこめっちゃ勇人のことで傷ついてる圭吾を見て抱きしめたい衝動に駆られてる慎様~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!! 昨日、体だけの関係の慎と圭吾がめっちゃアツいとか話してたんですけど、この体だけの関係を終わらせようとするのは慎様だと思うんですね。でも、逆に圭吾からこの関係を終わらせようとするってパターンもめっちゃ良いなって思います。何故いきなりそんなことを思ったのかというと、「サヨナラ」と動く唇塞いでしまおうってとこ読んだからです。こんな関係は続けてはいけないと分かっているのに欲望に負けている慎様も良いなと思いました。勇人のところに行こうとしている圭吾めっちゃ止めて欲しいです。でも当て馬じゃないんだよ分かってほしい この話は勇圭(か圭勇)の世界じゃないんだよ 慎は圭吾のことを、圭吾は勇人のことを思えば思うほど醜い自分が明らかになっていくのめっちゃ良いなと思います(そしてそれを詞に昇華していくまでがワンセット)

 この体だけの関係のタイプの慎→圭の話永遠に話せるんですが、この時圭吾は慎の思いに気が付いているのかどうかで話結構変わってきますよね 個人的にはどっちでも良いんですが。気付いているならこの耳を塞いで居たいのにだんだん塞げなくなっていって慎のほうに向いていく感じも良いしそれでも自分は勇人が好きなんだって貫いてくれるのも良いし、気付いていないなら気付いていないで切ない感出て楽しい 全く関係ないけど、慎も圭吾も「狂おしいほど愛している」って感情がめっちゃ似合いますよね

 歌詞ワンフレーズごとに触れたくて仕方ないけどこれ以上触れるとマジで怒られそうなのでとりあえずユレルの歌詞に触れるのはこれくらいにしようと思います。ところで私いつからこんな歌詞でキャーキャー出来る腐女子になっていたんだろう(つい最近まで歌詞とかあんまり気にしないタイプの腐女子だった)

 

 よしじゃあ満を持してあなたの瞳~関連の妄想話をするぞ。ぶっちゃけこっちはユレルほど思い入れがないんだけど というかユレルで話したことの繰り返しなので多分短い

 話をするにあたって歌詞読み直してみたけど!!!!! ちょっと!!!!!!! しょっぱなからめっちゃ(圭吾と体だけの関係のタイプ 圭吾は勇人のことが好きだと知っているから圭吾に好きだとは言えないタイプ)慎様じゃ~~~~~~~~~~ん!!! 告げないことの美しさを信じようとしていたって!!!!!! 好きって告げないことの美しさ!!!!!!!!!!!!!!!! 好きな人の本当の幸せを祈っているから自分の思いを告げることは美しくないと判断したの切なくない?!!!!  

 それであなたの瞳が潤むたびに抑えきれない想いだと~~~~~~~~~~!!!!! 慎様すぎる~~~~~~~~~~~~~!!!!!!! 勇人のことを思って切なくなって悲しくなっている圭吾を見て、思いが抑えきれなくなる慎様じゃん!!!!!!!!! 自分のことを好きになってくれればこんな思いさせずに済むのにってタイプのやつじゃん!!! なのに相手は自分のことを見てくれない!!! どうして!!! ってタイプのやつじゃん!!!!!! どうして自分はあの人の代わりになれないのだろうってポエム連発するやつじゃん!!! 最高!!! めっちゃ好き!!!!!!!!

 私以前自暴自棄になった圭吾と慎がセックスをキメる話を書いたことがあるんですが(でもあれ完全版ではない ダイジェスト版感ある 本当はじっくり書きたかったのに私にはもう時間がない……)、この曲の歌詞に私が言いたかったこと殆ど詰まっている!!! ありがとう公式!!!!! この歌詞読んで陰気な慎圭の妄想いっぱいするよ!!! 「もう元には戻れない」のあたりがこれからの二人の未来の暗さを暗示していてとても楽しい

 で話はかなりぶっとぶんだけど、慎様には圭吾の孤独なこころをほどいてあげて~~~~~~~~~!!感しかないです でも慎様の孤独なこころは圭吾が勇人を見ている限りほどけないんだな~~~!!!!!!!!!! 早く気付いてあげて~~~~!!!!

 ところで、この曲ってユレルの一部に含まれるのかな ユレルの2番の歌詞を掘り下げたのがあなたの瞳なのかなとかちょっとだけ思った 直感で特に深い根拠はないです アホの譫言なので聞き流して 

 ああ~~~~~~本当に歌詞の一行ずつ私の思いをぶちまけたいよ~~~~でもなんかヤバイ人に怒られそうだから出来ないよ~~~~~だから聞いてほしいよ~~~~でもオフにドが好き且つこの手の話に強いお友達いねえ~~~~悲しい~~~~ だからブログにぶちまける~~~

 

 で、総括すると、慎と圭吾の関係は想像をめっちゃ掻き立たせてくれるってことで~~~す!!! 過去がまだそこまで明らかになってないからこそ妄想が楽しいよね~~~! 明らかになったらなったで更に妄想するからそれもまた楽しい~~~~!!!

 なんかもっと良いこと言えば良いんだろうけど頭使うのしんどいし私が特に言いたいことは多分これで言いきったはずだからこれで終わろうと思います

 とりあえず今はユレルとあなたの瞳に~でイメージ膨らませた陰気な慎圭本クソほど読みた~~~い!!!!!!! 互いのポエムの殴り合い状態タイプのやつがいい!!! 古いタイプのBL大好きだからそういう感じのが良い!!! 現代的なのでも良い!!! 何でも良い!!! 兎に角!!!! 増えてくれますように!!!!

 

 終わり

メタリックマインド

 ※思いつき垂れ流し意味不明文です 日本語になっていません

 

 昨日の続きしま~~~す!!! じっくり書きたいんですけど明日は早起きしないといけない用があるのでとりあえず寝ないといけない時間になるまで書きま~~す! ちなみにタイトルは私が好きな曲から拝借してま~~す! ドリフェス全く関係ありませ~ん!

 

 で、ユレルとあなたの瞳は慎圭ソングだと私は割とマジで思っています。この2曲から2人の物語超浮かばない? 私は浮かぶ。

 ユレルはなんか体だけの関係の慎圭あるいは一夜の過ちを犯してしまった慎圭感ないですか? 私は前者のほうが萌えるので前者設定で妄想することがよくあるのですが、「もう終わりにしなくちゃ」の辺り最高すぎませんか?!!! 体だけの関係をだらだらと続ける慎と圭吾めっちゃアツくないですか?!!! ちなみに圭吾は勇人のことが好き設定です!!! 勇人のことは好きだけど勇人は普通に自分のことを恋愛対象として見ていなくて、でも好きで辛くて、何かいろいろあって慎と体だけの関係になってるっていう設定で!!!! 

 慎は圭吾の幸せを願っているから、圭吾の希望はなんでも叶えてあげたいから、体だけの関係をしているけど、慎は本当は圭吾のことが好きで、でもそんなこと言えなくて、でもでも、おかしいことをしている・圭吾は自分と体を重ねる度に傷付いていっているということは十分に分かっていて、だからこそ終わりにしなきゃいけないということは分かっていて、でもでもでも嘘でも好きな人が自分を必要としてくれているという状況が嬉しいと思っている自分がいるところがあって、そんな自分が嫌になる だけど圭吾のことは好き もしかしていつか自分のほうを見てくれるんじゃないかという淡い期待がある それでそんなことを思っている自分に気が付いて嫌になる みたいな感じで!!! で、ここらへんが「最初から気付いていたのに」ってとこに繋がる~~~~!!!!! ああ~~~~~~~~~~~最高~~~~~~~~~!!!!!! 慎様陰気なシチュ似合いすぎて最高だよ~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!

 「儚い夢をみているのか」は正にこの体だけの関係をずるずる続けている世界のことを言っていますよねきっと!!! さっきから解釈違い誘発発言ばっかりですみません。でもここは私の独壇場だから許してほしい。 関係ないけど私の腐女子マインドには村上龍の「限りなく透明に近いブルー」が深いところまで刷り込まれているので(※この作品は別にホモじゃない)、空虚な日々を過ごしていくタイプの話超萌えるんですよね~~~~~~~~~~~!!!! あともっと話逸れるけどaccessのscandalous blueも体だけの関係にタイプの慎圭にめっちゃ似合うんだよね~~~~~~~~!! いちいち挙げるものが古~~~い!!!!

 で、なにより!!!! 「カッコつけさせてくれ」!!!!! もうこれは完全に慎様!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ベッドの上で圭吾を抱きながら自分の頭をくしゃくしゃにさせながら「今くらいカッコつけさせてくれよ」って言ってしまう慎様(とそれを見て戸惑う圭吾)とか!!!! 圭吾に良いとこ見せようとするけど何時も空回りで恰好がつかなくて、からの「カッコつけさせてくれ」とかだったらもうもうもう熱いったらありゃしねえ!!!

 

 著作権がうんぬんでネットでは全文に触れられないのが悲しいので、本当にいいたいところだけあげました。あと全く関係ないけど、圭吾の家で圭吾が家から見える夜景を見ながら勇人のことで泣く(「どんなに思っても勇人は俺を見てくれない――……」ってやつ)圭吾めっちゃ美しすぎませんか?!!! で、それを後ろからただ見つめることしか出来ない慎も美しすぎませんか?!!! 同人誌欲しい!

 

 と、寝なきゃいけない時間が来たので今日はこれくらいにしておきます。明日元気が残っていたらあなたの瞳に~の話とユレルとの総括の話をしたいです。更新がなかったらやる気失せたんだなと思っていてください

 続く(多分)

ユレル瞳に踊らせて

 ※思いつき垂れ流し意味不明文です。解読不可能状態でごめんなさい

 

 UK大好きなんだけど、慎→圭も同じくらい好きなんだよね~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!! 慎サマが当て馬じゃないタイプのやつね~~~~~~!!!! でもかわいそうなことになってるやつ(且つ書き手の慎サマに対する愛が伝わってくるタイプのやつ)ね~~~~~~~!!!! 思っても思っても圭吾が自分のほうを見てくれない系のやつね~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!! 

 なんで慎が思っても思っても圭吾が自分を見てくれないかというと、圭吾は未来を生きようとしているからなんだよね~~~~*1(???) 私は勝手に「圭吾にとって慎は過去の象徴である」と思っているんだけど、それを踏まえると、未来を生きようとしている圭吾の視界に慎が映らないのは当然のことで、止まっていた時を動かし始めてくれた、つまり未来を生きるきっかけを与えてくれた勇人しか見えないってのも当たり前じゃない????

 でも慎サマはきっと圭吾のことを諦めきれなくて、いつまでも圭吾のことを思い続けるとかだったら超最高~~~。ロマンチストできっと想像力も豊かだから、頭の中で圭吾を良からぬ姿にしていたらイエイエイエイエイだしおかずにしてたらもっとイエイエイエイエイって感じ。

 それで、慎は本当に圭吾のことが好きで、圭吾の幸せを一番に思っている人だろうから(というか自己利益第一なゲスキャラだったら慎と圭吾の関係にこんなに悶々としていない。私が)、勇人に対して憧れの眼差しを向ける圭吾を見て胸が苦しくなっていたら超良い。自分を見てほしいけど圭吾の一番の幸せを優先すると……ってジレンマを抱えて過ごしていてほしい。誰にも言えず一人で頭抱えていてほしい。DDのみんなを信用していないという訳じゃないけど、それとこれは違うってタイプのやつで。

 あと、ラブラブなUK大好きだけど、慎→圭の世界では、圭吾と勇人は絶対結ばれてほしくないところがあって、圭吾もまた一向に自分のほうを振り向いてくれない勇人に対して胸が苦しくなっていたら最高。要するに、慎が圭吾に対して抱いている感情と、圭吾が勇人に対して抱いている感情が一致しているって状況が最高にアツくて萌えるということで~~~~~す!!!!! 同じ痛みを抱えているにも関わらず、その痛みが向き合うというか、手と手を取り合う日が来ないってシチュエーション超超最高だしなんというか古~い!!! 同じ目的を持っているのに見ている方向が違うの最高だよ~~~~~~~~~~!!! 意味不明だから図で説明すれば良いんだろうけどめんどくさいからしない。

 

 それから、全く関係ないけど、慎サマは圭吾を見ている時、いつもかつて(子役時代)の圭吾を重ねていて、その幻影ばかりを追いかけていて、「自分は今の圭吾のちゃんと見てあげられていない」ってことに段々気付いていくのも最高。対して、勇人は過去の圭吾は知らないけど、今の圭吾をちゃんと見てあげているということにも気付いたら最高。で、圭吾は勇人のそういうところを好きとかだったらめちゃくちゃハッピー(私が)。で、慎サマは過去の圭吾を追いかけるのをやめて、ちゃんと今、未来を生きようとしている圭吾を見つめてあげるようになったら、いよいよ慎と圭吾が結ばれるルートに入るんだろうなと思います(???)。 

 そう!!! 慎→圭の世界で、慎にとって勇人は絶対に超えられない存在なんだよね!!! 2人ってきっと対極なとこ(人生観的な意味で)にいるよね! あ、いやでも詞とかロマンチストなとことかは共通してるじゃん

 

 ということで、ここでユレルMIDNIGHTとあなたの瞳に踊らせての登場だ~~~~~~~~~~~~~(???)!! この2曲めっちゃ慎圭ソングじゃな~~~~~~~~~~~い??? 何回も読んでみて聴いてみて めっちゃ90年代的な慎圭の構図浮かばない???????????????? 浮かばない????? じゃあこれから説明するね!!!!!!!!

 ……といきたいところだけど今日はもう書くの疲れたからここまで。次書く時にはユレルとあなたの瞳で慎圭の話しようと思います。

 文体とか口調とか構成とか考えず打つ文章めっちゃ楽しい。そのかわり臭い独り言でしかないけど。

*1: 話逸れるけど勇人は圭吾にとって未来の象徴だと思うんだよね。しんどい。